メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
経済観測

米中摩擦と金融資産の価格=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米中貿易摩擦の先鋭化が先進国の金融情勢や金融資産価格に影響を与える。日本の金融資産価格にも間違いなく影響が及ぶ。

 欧州連合(EU)の景気が昨年10月でピークとなった可能性については今年1月の本欄でも指摘した。この流れを受けて欧州中央銀行(ECB)は低い金利水準への誘導を図ろうとし、もともと予定していた金融の量的緩和の打ち止め措置に手心を加えることが想定された。

 昨年11月以降のユーロ圏の景気落ち込みの背景に、中国の輸入量減少があった。特にドイツ経済への影響が…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文714文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 図解で納得 停電した時の対処法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです