第90回都市対抗野球

都2次予選 あすから熱戦 企業6チームの戦力探る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年の本大会1回戦で完封し、チームに10年ぶりの勝利をもたらした鷺宮製作所の野口=東京ドームで2018年7月16日、山田尚弘撮影
昨年の本大会1回戦で完封し、チームに10年ぶりの勝利をもたらした鷺宮製作所の野口=東京ドームで2018年7月16日、山田尚弘撮影

 社会人野球の第90回都市対抗大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の都2次予選が22日、府中市民球場で始まる。企業6チームと1次予選を勝ち抜いたクラブ2チームの計8チームが四つの代表枠を争う。

 企業チームは、いずれも本大会連続出場を目指す鷺宮製作所、NTT東日本、東京ガス、セガサミー、JR東日本と、4年ぶりの代表返り咲きを狙う明治安田生命。一方、クラブチームはゴールドジムクとREVENGE99が3年連続で2次予選に進んだ。

 2次予選は27日から会場を埼玉県営大宮球場に移し、6月3~6日、神宮球場で行われる代表決定戦で本大会出場4チームが決まる予定。第90回大会は記念大会のため例年より4チーム多い36代表が出場し、7月13~25日、東京ドームで行われる。

この記事は有料記事です。

残り2352文字(全文2682文字)

あわせて読みたい