メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

事故想定 散歩の園児守る

マミーズファミリーが運営する「キッズパオ日吉あおぞら園」周辺の散歩ルートを点検するスタッフたち=横浜市港北区で、根岸基弘撮影

 大津市で散歩中の保育園児の列に乗用車が突っ込み、2人が死亡した事故を受け、保育の現場が苦慮している。歩道で整列していた園側に問題はなかったとされるが、それでも事故は起きた。リスクをゼロにはできない中、子どもを守るために、どのような対策を取っているのか。

 ●大通りを外す

 「保育士が気を付けていても事故が起きることに衝撃を受けた。多い時は1日に2回お散歩に行くこともあり、人ごとと思えない」。4月から長男(1)が園庭のない小規模保育園に通う東京都北区の女性会社員(32)は顔を曇らせる。屋外で元気に遊ばせつつ安全も確保してほしいというのが保護者共通の願いだ。

 佐賀県唐津市の私立「鏡保育園」は事故後、大通りを散歩ルートから外した。歩道橋を渡れない幼い子はベビ…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1502文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」未配備だった 容疑者、拳銃の取り扱いに精通か 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです