メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019春/1 「世界はまだ知らない」 無数の声、今も耳に 岡田恵美子さん(82)

米国での証言活動について話す岡田恵美子さん=広島市中区の原爆資料館で15日

 <時代が変わっても documentary report 246>

 今月15日、全面改装されたばかりの原爆資料館本館(広島市)。岡田恵美子さん(82)の視線の先には、幼い遺影と「あつい、あつい」という言葉が薄ぼんやりした光で照らされていた。

 被爆の実相を伝える展示には近づいた。世界中の人に見てもらいたいと思う半面、何かが足りないとも感じる。「消え入りそうな声だったのだろうか。それが伝われば……」

 1945年8月6日、8歳だった。爆心地から2・8キロの自宅で被爆し、逃げ惑う道中、無数の声が聞こえ…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです