メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

「オードリー・ヘプバーン~今よみがえる、永遠の妖精~」 素顔の輝き、焼き付けて あすから大丸ミュージアム梅田

 映画「ローマの休日」「麗しのサブリナ」などで知られる女優、オードリー・ヘプバーン(1929~93年)を米の写真家らが撮影した約150枚を展示する写真展「オードリー・ヘプバーン ~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~」が22日、大阪市北区の大丸梅田店15階の大丸ミュージアム梅田で始まる。30日まで。

 ヘプバーンは1953年のハリウッドデビュー以来、数々のヒット作品に出演し、20世紀を代表する女優に。出演作はファッションの面でも注目され続けた。日本でも女性を中心にファンが多く、死後四半世紀を経ても、人気は衰えていない。

 写真展は「永遠のオードリーファッション」「女優オードリー・ヘプバーン」「大事にした時間」の3テーマ…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文772文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです