メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ヒバクシャ

2019春/1 岡田恵美子さん(82)(その2止) 惨状の記憶後世に

2月1日に米ペンシルベニアで被爆証言をする岡田恵美子さん=スティーブン・リーパーさん提供

 <時代が変わっても documentary report 246>

 

 世界はまだ、原爆を知らない--。被爆の実相を証言するため、大学に招かれて今年1月に訪問した米東部のペンシルベニア州で、岡田恵美子さん(82)は痛感した。70年以上の歳月を経て、戦争があったことさえ忘れられている。そう感じた。

 米国では何度も証言をしたことがある。その都度、戦争のきっかけとなった旧日本軍による真珠湾(パールハーバー)への奇襲攻撃(1941年12月)を非難され、「(原爆より)パールハーバーが先だ」と言われ続けてきた。今回も覚悟はしていたが、別の驚きがあった。

 「米軍が原爆を落としたことを初めて知りました」。証言を聴いた参加者の言葉に、七十余年を経て忘れ去ら…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1221文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです