長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明智光秀とその一族の墓に手を合わせる長谷川博己さん=大津市坂本5の西教寺で2019年5月20日午後2時36分、諸隈美紗稀撮影
明智光秀とその一族の墓に手を合わせる長谷川博己さん=大津市坂本5の西教寺で2019年5月20日午後2時36分、諸隈美紗稀撮影

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」のクランクインを前に、主人公の戦国武将・明智光秀を演じる俳優の長谷川博己さん(42)が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺として知られる西教寺(大津市坂本5)を訪れ、撮影開始を報告した。

 西教寺のある坂本にはかつて光秀が築いた坂本城があり、境内には光秀の妻をはじめ一族の墓がある。

 墓参りを前に、長谷川さんは西教寺が所蔵する光秀直筆の書状「供養米寄進状」について、蜂谷真勝(しんしょう)副執事長(71)から説明を受けた。書状は光秀が織田信長の配下だった1573(元亀4)年に書かれ、堅田城での戦いで戦死した武士18人の名前が階級に関係なく連なる。蜂谷副執事長は「光秀は部下を大事にする武将だったのでは」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文500文字)

あわせて読みたい

注目の特集