小倉井筒屋、創業83年初のドアボーイ 「百貨店らしさ」求め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
井筒屋に配置されたドアボーイ。石田淳也さんは「お客様と触れ合うことが多いです」と話す=北九州市小倉北区の井筒屋本館正面口で、山本泰久撮影
井筒屋に配置されたドアボーイ。石田淳也さんは「お客様と触れ合うことが多いです」と話す=北九州市小倉北区の井筒屋本館正面口で、山本泰久撮影

 北九州市小倉北区の百貨店「井筒屋」の本館に今月からドアボーイが配置された。ドアボーイ、ドアマンは欧米のホテルや百貨店などでは見られるが、井筒屋では創業83年の歴史上初めてという。2002年に閉店した小倉玉屋にはドアマンがいたが、日本百貨店協会は「(ドアボーイ、ドアマンに関する)データは取っておりません」としており、ドアボーイのいる百貨店は全国的にも珍しいようだ。

 サービス開始は5月1日。学生アルバイト5人を採用し、開店から午後4時半まで、本館正面口で来店客にあいさつし、店内を案内するなどの接客をする。将来的にはタクシー乗り場までお客の荷物を運ぶなど業務を広げることも計画中だ。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集