「見た目は女性だが心は男」 女性課長に 兵庫県教育長が不適切発言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区で2019年3月2日、井上元宏撮影
兵庫県庁=神戸市中央区で2019年3月2日、井上元宏撮影

 兵庫県の西上三鶴教育長が16日にあった県小学校長会の総会で、出席していた県教委の女性の課長について、「見た目は女性だが心は男」という趣旨の発言をした。県教委への取材で明らかになった。西上教育長は「褒めるつもりで言ったが、性差を意識させる言葉であり、不適切だった」と釈明しているという。

 県教委総務課によると、総会は同県尼崎市…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文339文字)

あわせて読みたい

ニュース特集