メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医科大、男女の合格率に差なし 今年の一般入試

東京医科大=東京都新宿区で、手塚耕一郎撮影

 東京医科大は医学部医学科の今年の一般入試の合格率が、男子16・9%、女子16・7%と男女でほぼ同じだったことを20日、ホームページで公表した。女子や多浪生を不利に扱う得点操作が明らかになった昨年の合格率は男子が8・8%、女子が2・9%と3倍超の差があった。得点調整を排除したことが反映されたとみられる。

 東京医科大が公表した資料によると、今年の一般入試の受験生は男子が498人(昨年比1098人減)、女子が288人(同730人減)で、男子84人、女子48人が合格した。大学入試センター試験の利用者342人(男子206人、女子136人)では88人(男子52人、女子36人)が合格。両区分を合わせた合格率は男子19・3%、女子19・8%と女子が上回った。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです