アイガモ農法のヒナ出荷最盛期 元気にエサついばむ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
出荷を待つアイガモのヒナ=大阪府松原市で2019年5月10日、望月亮一撮影
出荷を待つアイガモのヒナ=大阪府松原市で2019年5月10日、望月亮一撮影

 アイガモ農法で水田に放たれるアイガモの出荷が最盛期を迎え、出荷場では体長約10センチのヒナが元気に動き回っている。

 アイガモは、雑草や害虫を食べ、そのふんが肥料になる。泳ぎ回ることで田んぼの中の水や泥がかき回され、栄養分が行き渡るほか、水温を一定に保つ効果もあるという。

 飼育している「ツムラ本店」(大阪府松原…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文237文字)

あわせて読みたい

注目の特集