「同性パートナーシップ宣誓」 世田谷区が対象拡大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今月下旬から区が配布する宣誓書受領証のカード=東京都世田谷区役所で2019年5月16日午後2時45分、日野行介撮影
今月下旬から区が配布する宣誓書受領証のカード=東京都世田谷区役所で2019年5月16日午後2時45分、日野行介撮影

 東京都世田谷区は4月から、同性間のパートナーシップを認める「同性パートナーシップ宣誓」の対象を、自認する性が同じカップルにも拡大した。戸籍上では男女で結婚できても、同性のパートナーとして認められたいカップルを尊重する。また今月下旬からは、役所が交付する宣誓書受領証を携帯しやすいカードとしても発行する。

 新たに同性パートナーシップ宣誓の対象となったのは、例えば戸籍上は女性で性自認が男性というトランスジェンダーと、戸籍上も性自認も男性である人とのカップルだ。戸籍上は男女のため結婚できるが、同性のパートナーとして認められたいという意思に配慮した。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集