メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福生病院、遺族にカルテ開示拒否 調査委には遺族同意なく公開 透析中止問題

人工透析治療問題に揺れる公立福生病院=東京都福生市で、2019年4月9日、梅田啓祐撮影

 公立福生病院(東京都福生市)の外科医(50)から透析治療中止の選択肢を示された女性(当時44歳)が死亡した問題で、日本透析医学会の調査委員会による3月の立ち入り調査の際、病院は夫(51)ら遺族の同意を得ないまま、女性のカルテの一部を調査委に見せていた。一方、夫側はカルテなどの開示を請求しているが、病院側は「(病院の)個人情報保護条例により、死者は対象とならない」と拒否している。

 関係者によると、調査委が3月15日に調査した際、病院は夫らの同意を得ずに、外科医らがプロジェクター…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  3. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです