長崎市は控訴せず 被爆認定訴訟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長崎地方裁判所=長崎市で2019年2月21日、松村真友撮影
長崎地方裁判所=長崎市で2019年2月21日、松村真友撮影

 長崎原爆投下直後に爆心地付近に入ったと訴え、訴訟中に死亡した男性を被爆者と認めた長崎地裁の差し戻し審判決(14日)について、被告の長崎市は21日、控訴しない方針を明らかにした。市は「被爆が認定された個別案件で、総合的に判断した」としており、男性が生前申請した、被爆者が特定の病気にかかると支給される健康管理手当の審査を始…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

あわせて読みたい

注目の特集