メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「命にかかわる」 登山道の案内板、風吹き90度回転 危険性指摘の声相次ぐ

京都府の大江山連峰に設置された案内板=撮影者の静岡県の男性提供

 京都府の福知山市、宮津市、与謝野町にまたがる大江山連峰(最高峰・千丈ケ嶽、標高832メートル)の登山道で、3方向を示す案内板が風を受けて回転する様子を撮影した動画がツイッターに投稿され、「遭難する危険性が高まる」との声が相次いだ。設置した地元登山クラブが投稿に気づいて20日に修理したが、原因は不明。登山道の案内板は風雨などで誤った方向を指すこともあり、注意が必要と示された形だ。

京都府の大江山連峰に設置された案内板。風が吹いて別の向きになった=撮影者の静岡県の男性提供

 投稿された動画には、「赤石ケ岳 45分」「千丈ケ嶽 80分」「加悦双峰公園 10分」と三つの方向を示す案内板が、風が吹いて約90度回転する様子が収められている。18日午後3時ごろ、登山していた静岡県の男性が撮影し、投稿した。21日午後6時時点で約150万回再生、約3万4000回転載され、「危ない」「遭難不可避」「命に関わるんじゃないか」などの書き込みが相次いだ。

 案内板を設置した登山クラブによると、設置は昨年9月。20日にクラブ関係者が投稿に気づき、府職員と共に現地で調べると、案内板のポールに付けた長さ約15センチのボルトが緩んでいた。クラブは大江山連峰内に同形状の案内板を10基設置しており、登山イベントを開催予定の26日までに点検する。府警などによると、この案内板で道に迷ったとの届け出はないという。

 京都府山岳連盟によると、登山道の方向などを表示する案内板は台風や土砂崩れ、雪崩などで倒れたり、故意に壊されたりする場合もあるという。連盟は「案内板の不備を見つけたら自治体に連絡してほしい」と呼び掛けている。【添島香苗】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 古代ハス 行田で開花 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです