メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

大阪拘置所で記者との面会に応じる山田浩二死刑囚(イラスト・遠藤浩二)

 大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を2015年に殺害したとして殺人罪に問われ、1審・大阪地裁で死刑判決を受けた山田浩二被告(49)が控訴を取り下げ、死刑が確定した。取り下げ書面の提出は今月18日付。山田死刑囚は21日、大阪拘置所で毎日新聞の取材に応じ、「もうどうでもいいと思った」と明かした。山田死刑囚は、検察側の主張と食い違う証言をしている。公判では不明な点が数多く残されたままだが、死刑が確定したことで真相解明はできなくなった。

 裁判員裁判での大阪地裁判決は昨年12月19日、求刑通り死刑を言い渡した。弁護人が即日、本人も同月末に控訴していたが、取り下げ書面を大阪高裁が受理し、判決は確定した。事前に弁護人へ伝えなかったという。

 地裁の確定判決によると、山田死刑囚は15年8月13日、星野凌斗(りょうと)さん(当時12歳)と平田奈津美さん(同13歳)の首を圧迫するなどして窒息死させた。

 自供や目撃証言などの直接証拠がなく、公判では星野さんの死因や平田さんへの殺意、刑事責任能力が争点となった。

 弁護側は、星野さんは熱中症などの体調不良で死亡したと主張。しかし判決は、遺体に窒息の特徴が見られたことなどから、首を圧迫されたことによる窒息死と判断した。

 平田さんについては「静かにさせようと口を押さえた手が首にずれた」とし、殺意はなく傷害致死罪の適用にとどまると訴えたが、窒息死するには首を数分間絞める必要があり、判決は明らかな殺意があったと判断した。

 責任能力についても、弁護側は発達障害の影響で心神耗弱状態だったと主張し、減軽を求めたが、判決は完全責任能力を認定。弁護側の主張を全面的に退け、「出会ったばかりの子どもたちを次々に殺害した。生命軽視の度合いが著しい」として死刑を選択した。

 山田死刑囚は初公判で土下座するなど特異な行動を繰り返し、被害者2人の遺族は極刑を求めていた。【戸上文恵、村松洋】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです