メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害

寝屋川中学生殺害事件の遺体遺棄現場に供えられた花束=大阪府高槻市で2017年8月、貝塚太一撮影

 自身で控訴を取り下げ、中学1年の男女2人を殺害した罪で死刑判決が確定した、山田浩二死刑囚(49)。公判でも事件の詳細な経緯や動機が解明されないままでの突然の幕切れに、事件の関係者からは「真相解明への道が閉ざされた」などと困惑の声も上がった。

 山田死刑囚は21日、大阪市都島区の大阪拘置所内で記者の取材に応じた。

 説明によると、取り下げは事件や公判と直接関係なく、拘置所でのトラブルがきっかけ。今月18日、備品の…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです