メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾がアジア初の同性婚を実現した理由

同性カップル向け写真館「尚典」で結婚写真を撮影するサキザヤ族のカイヨーさん(右)とアミ族のイゾーさん=台北市で2019年3月15日、福岡静哉撮影

 台湾の立法院(国会)で17日、同性カップルに結婚を認める特別法が賛成多数で可決、成立した。1980年代から当事者らが粘り強く運動を続けてきたことが、アジア初の同性婚を実現させる原動力となった。すでに多くの同性カップルが24日から始まる婚姻届の受け付けに向けて準備を進め、お祝いムードが広がっている。ただ、17日に成立した法律では、国際結婚などで異性婚との間に差別が残った。アジアでは同性婚に寛容な社会に数えられる台湾だが、保守層などからの反発も依然として根強いのが現実だ。

この記事は有料記事です。

残り3798文字(全文4035文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです