メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和フィーバー考

皇位継承を議論しないことに危機感 古川貞二郎元官房副長官

新元号「令和」の書を傍らに、記者会見する安倍晋三首相=首相官邸で2019(平成31)年4月1日午後0時17分、代表撮影

 昭和から平成への代替わり(1989年)で、竹下登内閣で事務方責任者の首席内閣参事官だった古川貞二郎さん(84)に今回の代替わりについて話を聞いた。官僚トップの内閣官房副長官を長く務めた「官界の重鎮」は、代替わりにおける政権の仕事ぶりを評価しつつも、「安倍政権は早急に手を打たないといけない」と強い危機感を示した。一体、何を危惧しているのか。【大場伸也/統合デジタル取材センター】

 5月17日、東京都内にある古川さんの事務所を訪れた。村山、橋本、小渕、森、小泉内閣で内閣官房副長官…

この記事は有料記事です。

残り2821文字(全文3061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです