メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『上野千鶴子のサバイバル語録』『わたし、定時で帰ります。』

◆『上野千鶴子のサバイバル語録』上野千鶴子・著(文春文庫/税別560円)

◆『わたし、定時で帰ります。』朱野帰子・著(新潮文庫/税別590円)

 上野千鶴子さんによる、東大入学式での強烈な祝辞が話題になった。東大にもある女性差別の現実を突きつけ、「がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています」と言い切った。「なぜ男子学生は東大生であることに誇りが持てるのに、女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。なぜなら、男性の価値と成績のよさは一致しているのに、女性の価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです」

 最後に、頑張った結果ここにいる学生にこんなメッセージがあった。「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」「恵まれないひとびとを貶(おとし)めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください」。私が一番好きな部分だ。 しかし、8割が男性である東大生からは、ツイッターで批判もあった。高校の東大合格者数トップ10のうち、開成や筑波大付属駒場、灘など実に7…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです