SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『イタリアン・シューズ』『I LIKE YOU忌野清志郎』ほか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『イタリアン・シューズ』ヘニング・マンケル/著(東京創元社/1900円)

 ヘニング・マンケルといえば、大ヒットシリーズ「刑事ヴァランダー」の著者だ。2015年に67歳で逝去。もう作品は読めないと思っていたら、シリーズ以外に、独立作品を発表していた。

 柳沢由実子訳『イタリアン・シューズ』もそんな一作。21世紀最初の冬、離れ小島に一人住む「私」は元医師フレドリック。彼の元へ、突然現れた女性ハリエットは昔の恋人で、37年ぶりの再会だった。余命いくばくもない彼女は、約束を果たしてほしいと言う。その約束とは?

 フレドリックが、10歳の頃、父と訪れた森の中の湖へ連れて行くと言ったと彼女は主張。人生で「一番美しい約束」を果たすため、老いた2人は旅立つのだ。その旅路で、思いもかけない人物と出会い、医師を辞めることになった「大惨事」も明らかに。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1794文字)

あわせて読みたい

注目の特集