メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

英ブレグジット党党首、ミルクセーキ投げつけられる

 英国で、欧州連合(EU)離脱を掲げるブレグジット党のナイジェル・ファラージ党首が20日、反対派にミルクセーキを投げつけられた。党首はこの日、イングランド北部ニューカッスルで欧州議会選の選挙活動中だった(2019年 ロイター/Scott Heppell)

[PR]

 [ニューカッスル(英国) 20日 ロイター] - 英国で、欧州連合(EU)離脱を掲げるブレグジット党のナイジェル・ファラージ党首が20日、反対派にミルクセーキを投げつけられた。党首はこの日、イングランド北部ニューカッスルで欧州議会選の選挙活動中だった。

 ロイターの目撃者によるとファラージ党首は、支持者に呼び掛けた直後、30代前半の男性からミルクセーキをかけられ、白い液体でスーツがべったりと汚れてしまった。その後、側近に付き添われてタクシーに乗り込んだという。

 党首はツイッターで「残念なことに、通常の選挙運動が不可能になりつつあるほど、一部の議員は過激化している」と投稿。「文明化された民主主義が機能するには、敗者の同意が必要だ」と述べた。

 ブレグジット党は23日の欧州議会選に関する複数の世論調査で、支持率が与党保守党と野党労働党を引き離し、トップの座を維持している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです