メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

マンUがベンフィカの超新星の獲得に本腰? 違約金147億円を用意か

情報提供:サッカーキング

リーグ優勝を祝うフェリックス [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Uがベンフィカのポルトガル代表MFジョアン・フェリックスの獲得に乗り出すようだ。20日にイギリス紙『ミラー』が報じた。

 今シーズンのリーグ戦では26試合の出場で15ゴール9アシストを記録し、ベンフィカの2シーズンぶりのリーグ優勝に貢献するなど、19歳とは思えないセンセーショナルな活躍を見せ瞬く間にスターダムにのし上がったフェリックスには、各国ビッグクラブが熱視線を送っている。

 しかし、ユヴェントスの7500万ポンド(約105億円)のオファーが断られるなど、同選手の獲得には高額の移籍金を要求されることが各クラブの二の足を踏ませているようだ。また、1億5百万ポンド(約147億円)の契約解除金も設定されているため、移籍に近づいている具体的なクラブ名はまだ出てきていない。

 そんな中、マンチェスター・Uは契約解除金の支払いに応じるようで、プリメイラリーガ最終節に関係者を派遣し、ベンフィカ幹部との話し合いの場を設けたようだ。

 ベンフィカは新たな契約を用意してフェリックスの慰留に努めたいようだが、契約解除金を支払うクラブが現れた場合、その放出は避けられないと見られている。

【関連記事】
●ジョレンテのトッテナム退団は決定的か…ミランなどが獲得に関心
●マルコムを巡り“ノース・ロンドン・ダービー”勃発? バルサは84億円を要求か
●リヴァプールは売却希望も…ヘルタがグルイッチのローン延長を希望か
●今夏のクリバリ放出はなし? ナポリがマンUからの超高額オファーを拒否
●マンUもグリーズマン獲得レースに参戦? 今夏の獲得を目指す

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです