メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

[U20W杯注目選手⑤]多士済々のアルゼンチン、注目は“アグエロ以来の才能”/エセキエル・バルコ

情報提供:サッカーキング

現在はMLSでプレーするバルコ(右) [写真]=Getty Images
 魔法の泉のごとく才能があふれ出してくるアルゼンチンは、FIFA U-20ワールドカップの常連だ。過去にはリオネル・メッシやセルヒオ・アグエロが同大会の得点王を獲得してブレークの第一歩を刻んでおり、その後も現トッテナムのエリク・ラメラや、インテルで10番を背負うラウタロ・マルティネスらがこの大会を契機にステップアップを果たしてきた。

 もちろん、今大会も注目株が目白押しだ。まずは、インデペンディエンテが生んだ「アグエロ以来の才能」と言われるエセキエル・バルコ。ストライカーというよりウイングや攻撃的MFを主戦場にする選手だが、小柄でも力強く、低い重心で馬力のあるドリブル突破から強烈なシュートを放つプレースタイルはたしかにアグエロと似ている。

 そんなバルコは16年、当時インデペンディエンテを率いていたガブリエル・ミリート監督の抜擢を受けて17歳でプロデビュー。同クラブが優勝した17年のコパ・スダメリカーナで現アヤックスのニコラス・タグリアフィコらとともに活躍し、すぐさま次代のスター候補として名を上げた。そして18年1月には推定1500万ドル(約16.5億円)というMLSの歴代最高額の移籍金でアタランタ・ユナイテッドへと移籍。そうした経緯もあって現在はアメリカで活躍しているが、今回のU-20W杯で活躍して世界に名を売れば、ヨーロッパ進出の可能性も十分にある。

 さらに、バルコの周囲を固めるチームメートたちも強烈な個性の持ち主がそろう。バルコと並び攻撃の中心にいるのが、10番を背負うゴンサロ・マローニ。往年の名司令塔パブロ・アイマールと比較されるテクニシャンで、軽やかなボールタッチやなめらかなドリブルで相手をかわすプレーは必見だ。彼は地元のクラブ、インスティトゥートの下部組織で現ユヴェントスのパウロ・ディバラが10代にしてトップチームで大活躍するのを見て育ち、その後、自身はボカ・ジュニアーズへと引き抜かれた。今シーズンはタジェレスにレンタル移籍しているが、ボンボネーラでも大きな期待を寄せられている逸材で、すでにミランやユヴェントスが獲得を狙っていると言われており、憧れのディバラに続く日も近そうだ。

 そのほかにも、FWには、U-20南米選手権でベストイレブンに輝いた技巧派のフリアン・アルバレス(リーベル・プレート)や、重戦車タイプの大型センターフォワードであるアドルフォ・ガイチ(サン・ロレンソ)など大会得点王候補と言えるストライカーがズラリ。彼らの中から、次代のメッシやアグエロ、ディバラが生まれるのは間違いないだろう。タレント王国アルゼンチンの宝石たちを、この大会でチェックしておこう。

文=寺沢薫

【関連記事】
【U-20ワールドカップ】大会日程や最新情報はこちらから
【U20W杯注目選手①】“異色経歴”持つイタリア期待の大型FW/ジャンルカ・スカマッカ
【U20W杯注目選手②】メキシコのワンダーボーイは“ドリブル小僧”/ディエゴ・ライネス
【U20W杯注目選手③】“パリの韋駄天”スター軍団に囲まれ飛躍/ムサ・ディアビ
【U20W杯注目選手④】精鋭揃うポルトガル、注目の両翼はプレミア仕様/ダロト&バイナグル

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです