メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

世界のNIKEと協働する荒川区のNPO。代表・石尾潤が女子サッカーを支える理由

情報提供:アズリーナ

「結局プロにはなれなかったけど、スポーツをやっていて良かったな、という思いが心からあるからこそ、それをもっと多くの子供達に伝えていきたいと思っています。スポーツは子供だけのものではありません。自分たちがこの社会や地域で暮らしていく上でスポーツというものがあることが、もっと実は自分たちの生活を彩り豊かにしてくれていると思っています。」

(NPO法人 スポーツカントリーアンビスタ 代表理事 石尾潤)

 

2016年4月に活動を開始し、東京都荒川区に活動拠点を置くNPO法人スポーツカントリーアンビスタ。総合型地域スポーツクラブとしての基盤事業である文武両道支援型の男女サッカークラブに加えて、現在は各種ダンス教室やbiima sports(ビーマ・スポーツ)の教室の展開など、多種目多世代でのスポーツ活動を支援しています。

 

ここでスポーツを通じて最幸の環境を提供したいという思いを持ち代表理事を務めるのが、石尾潤さんです。幼少期からサッカーに明け暮れ、高校時代は私立國學院大學久我山高等学校で全国高校サッカー選手権でベスト8入り。サッカー強豪校に所属しながらも文武両道を貫いて早稲田大学教育学部に入学し、中学生のクラブチームで指導者として活動をしていました。

 

その後一度は現場を離れたものの、日本の女子サッカーの現状を目の当たりにし、再びスポーツの現場へ。

 

“自分自身がスポーツを通じて得た力を、一人でも多くの子供達に届けたい。”

 

このような想いを持ってスポーツ業界の最前線で活躍する石尾さんに、NPO法人スポーツカントリーアンビスタをNIKE Japanとパートナーシップを持つ総合型スポーツクラブに発展させるまでの道のりや今後のビジョン、さらに今後のスポーツ界の展望について語っていただきました。

 

 

サッカーでしか評価されなかった過去の恐怖

私は、今でこそスポーツ界にどっぷり浸かってはいるものの、いきなりスポーツ界に飛び込んだ訳ではありません。むしろ、一度スポーツの現場を離れて一般企業に就職しています。

大学入学後、サッカーのクラブチームで指導者として活動し始めたのですが、サッカーの指導者として生きていくことの厳しさを知ったんです。そして、大学3年時から他の大学生と同じように就職活動を始めました。

その中で、ある壁にぶつかりました。

 

自分という人間が、サッカーというスポーツありきでしか評価をしてもらったことがないという恐怖感です。サッカーがうまくなっているからそこに居場所を与えられ、指導者をしていても、サッカーをうまくすることができるから信頼される、という風に常にサッカーを通じて自分の価値が決められているような感覚に陥ったのです。

ふと振り返ってみると、これまでの人生で全部サッカーというスポーツありきで自分を評価してもらっていたということを、そこで初めて自分で感じましたね。

 

そのため、サッカーを剥がした状態での石尾潤という人間が、どれだけ社会で価値がある人間として認めてもらえるのか、どれだけバリューを発揮できる人材なのか、何もわからないままサッカー界にずっといるということが怖くなったんです。

 

それでも私にとって「教育×ビジネス」は外せないキーワードだったので、就職活動を経て学校法人三幸学園という総合学校法人に就職しました。最初の配属は東京都足立区にある私立の東京未来大学です。ここでのキャンパスアドバイザーという職務(=主に入試広報就職)が私のファーストキャリアになります。

 

 

男子の“当たり前”が通用しない女子サッカー

 

元々、アンビスタの母体になっているFC HERMANA(以下エルマナ)という女子サッカーチームの監督とは関わりを持っていたのですが、自分が社会人3年目の春に、たまたまFacebookの居住ステータスを足立区に変えたときに、連絡が来たんです。

 

「近くで女子サッカークラブをやっているので、見に来て欲しい。」と。それが私の女子サッカーとの初めての出会いでした。

 

初めは週に一回くらい行くだけでしたが、少しサッカーを離れていた分、「やっぱりサッカー好きだな。」と改めて感じました。

そこから、女子サッカーとより深く関わっていく中で、男子サッカーとの環境の違いに驚愕したんです。

 

これまで、男子としてサッカーをしてくる分には環境の面で困ったことは何もなく、自分の周りの大人や社会が与えてくれるものに対しても、何の不足不満もありませんでした。サッカーがしたいなと思ったら、一緒にやる友達はいましたし、探せば自転車の移動圏内にサッカーチームもいくつかありました。指導者がいて、先輩後輩がいて、グラウンドがあって、大会があって。

 

でも、自分自身が幼稚園から大学まで過ごしてきたこの環境が、性別という枠組みを超えた瞬間に、“当たり前”でなくなることに気づきました。

同じスポーツを愛しているのに、性別が違うだけで、こんなにも大人社会から与えてもらえるものが根本的に違うのはどうしてなのだろう、と。

 

その時に初めて、自分にとっての当たり前が当たり前ではない人がこの世の中にいることを、当事者意識を持って捉えることができました。

それまでそのことを知っていつつ主体的にアクションを起こせたことはありませんでしたが、女子サッカーに対しては、「この現実を知ってしまった上で、見て見ぬフリをしてしまうような大人になりたくない」という衝動に駆られたんです。

 

そして、エルマナの監督と話していく中で、もっと地域に根差してがっつりやりましょうということになったんです。とはいえ、当時「スポーツを愛する人々に最幸の環境を。」というミッションを掲げてNPOを立ち上げたところで、地域へのインパクトは全くなかったですね。

 

在籍者が十数人しかおらず、かつ超マイナースポーツの女子サッカーを東京の一地域で細々とやっていても、成し遂げたい想いを形にすることは自分たちだけの力では難しい。

そこで、エルマナの監督が知り合いだった少年サッカークラブの監督を紹介してもらい、ビジョンを繰り返し伝え続けた結果、一緒に挑戦をすることになりました。こうして、男女サッカークラブを母体としたNPOとして、2016年4月にスポーツカントリーアンビスタがスタートしました。

 

 

 “月謝ビジネス”の難しさ

私は、スポーツカントリーアンビスタを経営する以外に、複数の仕事を“パラレル”に持っています。ライフイズテック株式会社の採用担当、株式会社JTBの公認ファシリテーターを始め、全部で5つの名刺を持っています。

 

指導者の社会人としての成長の伸び代以上に子供達を成長させることはできない、という信念を持っていることが、パラレルワークをする一つ目の理由です。自分たち自身が「今の指導でいいよね」「今の状態だったら勝てるし人も集まるよね」というスタンスだとクラブの価値は下がる一方です。

 

二つ目の理由は、スポーツ指導者の働く環境の改善のためです。どうしても月謝ビジネスには限界があります。月謝5000円で会員を10人増やしたとしても月の売り上げは5万円しか増えないにも関わらず、子供が増えるにつれて安全管理の面からも結局スタッフの数を増やさないといけないため固定費は上がり、結局いたちごっこのようになってしまうという側面があります。

これらを考えると、スポーツクラブはこれから結婚や出産を控えていたり、家族を持っている人が安心して長く働ける職場ではないんです。良い人材がここで長く働いてもらえるようにするには、スポーツを通じて身に付けてきた力をビジネスの世界でも活かすことができるよう「翻訳」をしていく必要があります。

 

そうして、サッカーからの収入だけに依存せず、生活をしていくためのキャッシュエンジンを複数箇所に持つことが重要だと考えています。これが、いい人材を惹きつけるネタになるとも思っています。

 

 NIKEとのパートナーシップ?

2018年12月12日にアンビスタはイギリスのLaureus Sports for Good Foundation(以下、ローレウス)とのパートナーシップ契約を結びました。

これは、地域のスポーツ環境による女子・女性のエンパワーメントを高めていくことを名目とした、資金提供によるパートナーシップ契約になります。女子が生き生きと、より自分らしく幸せを追求していくことをスポーツを通じてサポートする日本のモデルケースとして、アンビスタが取り上げられました。

 

ローレウスは元々発展途上国でのスポーツ環境改善に務める団体でなのですが、先進国での取り組みを行うのは初めてだそうです。ローレウスは日本に事務局を持っていなかったのですが、ローレウスとNIKE.Incに繋がりがあったため、NIKE Japanが日本での活動の窓口になったと聞いています。そのような経緯でNIKE Japanが日本NPOセンターを通じてピックアップした支援先候補団体にアンビスタが入っていたということです。

 

その後事業プレゼンを経てローレウスとの契約が正式に決まり、日本での活動においてはNIKE Japanに直接的にサポートをして頂いているということです。

最も評価された事業が、文武両道支援と女性としてのキャリア支援を行なっているアカデミー(Academia Ambsita)です。

 

私は「プロになることが全てではない。プロへの道はあくまで選択肢のうちの一つで、スポーツという経験を通じて自分らしい女性としてのキャリアを創っていくことが最も大切」だと考えています。

NIKEとの契約締結によって、日本サッカー協会が行っているなでしこ広場のサポートや、先日行われた日テレベレーザの絶対的10番である籾木結花選手のAcademia Ambistaゲスト参加も実現しました。

 

 

 荒川区発・多種目多世代の総合型地域スポーツクラブへ

“多種目”というところに関しては、「何年以内に何種目網羅する」「どのスポーツを狙いにいく」などといったKPI/KGIは置かないというスタンスです。想いが一致した人と何かできることを探していくという感覚の方が強いですね。

 

この想いを一致させて、その人自身に信念と情熱があり、法人として目指しているビジョンに共感し、その習い事を展開してくれるスポーツ指導者と出会えるのかが勝負だと思っています。その方向性の中で、徐々に種目数が増えて、この地域で子供達に紹介できる選択肢が増えたらいいなと思っています。

 

今の所、ダンススタジオが持てたこともあって、各種ダンス教室や、最新のスポーツ科学と幼児教育学を反映した総合スポーツであるbiima sports(ビーマ・スポーツ)を展開していたり、さらには子供の自己表現を促進する演劇教室の展開も決まっています。

 

 

日本ならではの美徳がスポーツ界の問題にある

スポーツ業界で働くことには様々な課題が複雑に絡み合っていると実感しています。
「好きなことを仕事にしたから、多少収入が少なくても頑張れる」という日本ならでは美徳とされるような価値観が存在していることは事実だと思います。

 

でも、私たちは、誰と比較するわけではなく相当な覚悟・情熱・信念をもって子供たちと向き合っている自負があります。言い方を変えれば、それだけの「教育的価値」を地域に、日本の未来に提供しているという自負が。

そうである以上、私は単純に「それに相応しい報酬を得るべき」だと思っています。大好きなスポーツを仕事にした上で、十分な報酬を得て、自分らしいイキイキしたキャリアを歩んでいる。そんなロールモデルをひとりでも多く増やしていくことが、今後のスポーツ界を牽引する優秀な人材の育成へと繋がっていくと信じています。

 

あとは単純に、スポーツ指導者が「子供達の憧れの職業」として上がってこないというのは私たちに大きな社会的責任があるでしょう。それはもうハッキリ言って、「楽しそうではあるけど大変そう」という子どもたちの声の表れですから。

好きを仕事にした上で、現場で指導者としてバリューを発揮するのは、プロとして当たり前。別のフィールドでだって、スポーツを通じて得てきた力(ソーシャルスキル)を翻訳することで活躍することができるポテンシャルはみんな持っています。

 

そうやって一人の社会人として、グラウンドの仕事だけでなく、オフィスでの仕事も存分に人生を楽しんでいるということを子供達に見せること。これこそが、これからのスポーツ指導者のあるべき姿だと考えていますし、そういうモデルをこのスポーツクラブから示していきたいですね。

 

 


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです