メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

戦争が軽々語られる時代=与良正男

 戦後間もなく死去した政治家、斎藤隆夫が、当時泥沼化していた日中戦争を国会で批判した「反軍演説」で軍部の怒りを買い、圧倒的多数の国会議決で衆院議員を除名されたのは1940年だった。

 それから終戦をはさみ79年。ついに北方領土の返還は「戦争をしないとどうしようもなくないか」と口にする国会議員が出てくる時代になってしまった。

 丸山穂高衆院議員は日本維新の会を除名されたものの、議員辞職は拒み、辞職を求める国会の動きに「言論府…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文942文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです