メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

高橋克実 ドラマ「デジタル・タトゥー」岩井堅太郎役 「ヤメ検」時に激しく

高橋克実さん=東京都渋谷区で2019年4月16日、渡部直樹撮影

ドラマ「デジタル・タトゥー」岩井堅太郎役(NHK総合=土曜午後9時)

 今作の主人公の一人、岩井堅太郎は元検事で50代の弁護士。インターネットで動画を配信する20代の「ユーチューバー」のタイガ(瀬戸康史)と出会い、慣れないネットの世界と向き合う。出演の話が来る前、実際のユーチューバーの映像を見たことがなかった。「昔なら映像を撮るのも高額なカメラが必要だったわけでしょ。今はあんな小さい電話(スマートフォン)で動画が撮れちゃう。すごいなと思いますよ」。そう話す姿が、パソコンの前で悪戦苦闘する岩井にちょっと重なって見える。

 「デジタル・タトゥー」は、ネットに拡散した中傷や個人情報など、簡単に消せない“傷”を、入れ墨に例え…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文854文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです