メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

番組の先の楽しみ提供 「AXNミステリー」プロモーション担当 吉田晃さん

吉田晃さん=東京都港区で2019年5月17日、屋代尚則撮影

 「点と線」「砂の器」などで知られる作家の松本清張が今年で生誕110年を迎えるのを機に、ミステリー専門チャンネル「AXNミステリー」が今月から6月末まで、清張原作のテレビドラマなどを毎週日曜に放送中だ。今月26~31日は、ケーブルテレビ事業を展開する「J:COM」と組んだ「松本清張生誕110年記念展」を東京・墨田の東京ソラマチ内で開く(入場無料)。同イベントの企画に際し、東京都内に住む清張の遺族宅を訪ね、「初公開の品も特別にお借りした」と感謝する。

 清張の家には目を見張る大きさの書庫があったと言い、記念展では、万年筆など清張の愛用品や、本人による書や絵画を展示。清張が執筆に当たり、作品の舞台となる現地で取材を重ねた「探求心」を、ドラマや記念展から感じ取ってほしいと期待する。記念展では26日、清張原作の映像作品17作に出演した女優の名取裕子のトークショーもある。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです