特殊詐欺

演劇で防止 舞台俳優、ワークショップで啓発 30日、横浜でイベント /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ワークショップで特殊詐欺被害にあわないために注意すべきことを訴えるはだ一朗さん=横浜市青葉区で
ワークショップで特殊詐欺被害にあわないために注意すべきことを訴えるはだ一朗さん=横浜市青葉区で

 芝居の力で、特殊詐欺を防ぎたい--。舞台俳優のはだ一朗さん(47)=横浜市旭区=は、高齢者に詐欺被害から自らを守る力を身に付けてもらおうと、演劇とワークショップを組み合わせた啓発活動に取り組んでいる。横浜市を中心に活動を広げていくため、クラウドファンディングで資金を募る。30日に同市中区でキックオフイベントを開く。【石塚淳子】

 はださんは大阪市出身。1995年に脱サラして「劇団☆新感線」に入団した。2000年に退団した後、01年から新感線の先輩のフランキー仲村さんと「激富/GEKITONG」を旗揚げし、数々の舞台をつくり上げてきた。その一方で、15年からは同世代の役者仲間の田中照人さんと二人芝居のユニット「PROJECT一照」を組み、毎年、作品を上演してきた。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1016文字)

あわせて読みたい

ニュース特集