メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

夕張カレーそば 北海道夕張市 炭鉱街の記憶受け継ぐ味

鹿の谷3丁目食堂のカレーそば=北海道夕張市末広で2019年5月13日午後3時54分、源馬のぞみ撮影

 カレーそばは夕張市民におなじみのご当地麺だ。帰郷すると「やっぱりカレーそばが食べたくなる」と家族で食べに行くらしい。

 夕張はかつて、北炭夕張炭鉱を中心に発展し、炭鉱マンでにぎわった。飲食店の一つ「藤の家」のオリジナルメニューがカレーそばの原点とされ、60年以上の歴史がある。

 「お湯で練られた軟らかい麺、豚バラ肉、タマネギが入っているのが特徴」。ゆうばり観光協会の多喜雄基理事長(66)が言う。1杯650円ほどと安かったので、スタミナの付くカレーそばは炭鉱マンの人気を博した。

 だが、「藤の家」は2009年、店主が腰を悪くしたことで閉店し、惜しむ声が聞かれた。「夕張のご当地グ…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1248文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです