メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

影響相次ぐ 5地点100ミリ超 道路通行止めなど /山梨

 寒冷前線が通過した影響で県内は21日、大雨に見舞われ、道路の通行止めや電車の運転見合わせなど、市民生活に影響が出た。

 甲府地方気象台によると、21日午後4時までの24時間雨量は全13観測地点のうち5地点で100ミリを超えた。最も多かったのは南部町の197・5ミリで、山中湖村172・5ミリ▽甲府市古関町122・5ミリ▽身延町118ミリ▽富士川町105ミリ--と続いた。

 JR東海によると、JR身延線は雨量計が規制値に達したため、身延-西富士宮駅(静岡県富士宮市)間の上下線で午前6時過ぎから約7時間にわたって運転を見合わせた。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです