メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢志摩SAKEサミット

県産100銘柄が集結 県食材おつまみも味わって 26日 /三重

 県内の酒蔵で醸造している約100種類の日本酒が味わえる「第3回伊勢志摩SAKEサミット」が26日午前10時半から午後4時、伊勢市曽祢の伊勢高柳商店街で開かれる。

 2016年の伊勢志摩サミットで注目された県産の日本酒を広くPRしようと、伊勢市内の酒屋と飲食店で実行委員会を作り、17年に初めて実施。参加者から「さまざまな銘柄の酒を味わいながら、造り手のこだわりや思いを直接聞けるのが魅力」と好評で、昨年は1200人の来場者でにぎわった。

 今年も伊勢志摩サミットで扱われた「大田酒造」(伊賀市)や「清水清三郎商店」(鈴鹿市)をはじめ、「河…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです