メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稚アユ

釣り解禁控え放流 由良川漁協 /京都

稚アユを放流する由良川漁協の組合員=京都府福知山市呉服町で、佐藤孝治撮影

 アユ釣りシーズンを前に、由良川漁協は21日、稚アユの放流を始めた。6月1日の釣り解禁までに支流を含め各地で計3000キロを放流し、太公望たちの期待に応える。

 初日は福知山、綾部両市内の本流河川敷6カ所から、和歌山県日高川町でふ化した計600キロを放流。順調に育てば解禁日のころまでに体長20センチほ…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです