メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

短時間で心身すっきり 笑いヨガ普及に熱中 「笑い総研」社長 大久保信克さん /大阪

「笑い総研」社長の大久保信克さん=大阪府能勢町で、山本真也撮影

大久保信克さん(30)=能勢町

 ヨガの呼吸法と笑いを組み合わせた健康体操「笑いヨガ(ラフターヨガ)」。1995年にインドのマダン・カタリア医師が創始し、世界100カ国以上に広がっている。3年前に笑いヨガの講座や企業研修を行う会社「笑い総研」(能勢町)を設立した。

 出会ったのは笑いを研究していた大学時代。ネットの動画を見つけた。笑いヨガはおかしくなくても、あえて「ハッハッハッ」と腹から笑い、体を動かす。夜のキャンパスで、友人2人と見よう見まねでやってみた。当時、部活動や人間関係で悩み、どん底の精神状態だったが、頭がからっぽになり、心身がすっきりしていく。「ヤバイ! これは何だ」と声を上げた。大阪で教室を見つけて、リーダー(指導者)の資格をとった。

 2011年に沖縄の健康食品販売会社に就職。朝礼で笑いヨガを定着させた。評判を呼び、東日本大震災で東…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです