メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ならまち暮らし

漂流劇場=寮美千子 /奈良

 奈良町南観光案内所の向かいに事務所を持って3年。ここには集会室「れんぞ」がある。奈良弁で「連座」の意。人が集い語りあえる場がほしかったからだ。ここで「奈良少年刑務所の心をつなぐ」会を月1回開催している。更生や福祉について考える会だ。

 20回目の講師は三重ダルクを開設して20年になる市川岳仁さん(48)。ダルクとは、薬物依存の当事者の自助グループ。ミーティングを繰り返し、体験を分かちあうなかで回復していく。

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1237文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです