メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農の歳時記

JA和歌山中央会 小玉スイカの収穫始まる 順調に生育、甘さも十分 /和歌山

 JA紀州管内(御坊市、田辺市龍神村、日高郡6町)で、特産の小玉スイカの収穫が始まった。特に栽培が盛んなのは御坊市名田、湯川両地区と印南町で、農家約200戸が計約50ヘクタールで栽培している。

 順調に生育して質が良く、糖度は12度前後に上る。関西を中心に中京や関東など各市場に約1400トン(前年比8%増)の出荷を見込む。収穫の最盛期は6月中旬~下旬で、7月中旬ごろまで続く。スイカは2S~4…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです