メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福山市

「ワインの街」売り込め 「特区」認定、ブドウ農家に新機軸も /広島

 ブドウの生産が盛んな福山市で、ワインを新たな特産品にしようとする動きが広がっている。ブドウ農家の減少が進む中、市は国の特区制度も活用して「ワインの街」として全国に売りだそうと意気込む。

元シェフが挑戦 発泡専門「福山わいん工房」オーナー・古川和秋さん

 JR福山駅から徒歩10分。商店街の一角にある「福山わいん工房」は、全国でも珍しい発泡ワイン専門のワイナリーだ。空き店舗を改装した倉庫には、出荷を待つワインだるがずらりと並ぶ。

 「目標はシャンパーニュ」と語る地元出身のオーナー、古川和秋さん(35)は、元フランス料理のシェフ。…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文804文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです