メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海洋プラごみ

海中分解プラ支援 政府、国際規格策定目指す

 政府は海洋プラスチックごみの削減に向け、海中で分解されるプラスチックの普及支援に乗り出す。分解技術などへの信頼性を高めるため、性能や品質を保証する国際規格の策定を目指す。今夏までに、業界団体などによる規格策定のための協議体を設置。2020年代初めに国際標準化機構(ISO)へ提案する。

 政府が普及を後押しするのは「海洋生分解性プラスチック」。海中の微生物の働きで水や二酸化炭素などに分解される性質があり、条件によっては半年間で90%以上が分解する。国内では化学メーカーのカネカと…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 市民バス、ミスで1カ月「白バス行為」 秋田・大仙市、有償運送者更新忘れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです