海洋プラごみ

海中分解プラ支援 政府、国際規格策定目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は海洋プラスチックごみの削減に向け、海中で分解されるプラスチックの普及支援に乗り出す。分解技術などへの信頼性を高めるため、性能や品質を保証する国際規格の策定を目指す。今夏までに、業界団体などによる規格策定のための協議体を設置。2020年代初めに国際標準化機構(ISO)へ提案する。

 政府が普及を後押しするのは「海洋生分解性プラスチック」。海中の微生物の働きで水や二酸化炭素などに分解される性質があり、条件によっては半年間で90%以上が分解する。国内では化学メーカーのカネカと…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

あわせて読みたい

注目の特集