メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

広がる刑事裁判議論(その2止) 判決文公開基準、不明確 「事なかれ主義の表れ」/「国民が監視すべきだ」

強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われた被告に判決が言い渡された山形地裁の法廷=山形市で2018年4月25日午後1時20分(代表撮影)

 

 性犯罪は被害者の保護が課題になる。最高裁のウェブ公開基準でも性犯罪の判決文は除外されている。

 性被害者の代理人を多く務める上谷さくら弁護士は「被害者にはその後の人生がある。誰もが簡単に判決文にアクセスできるような制度は問題」と話す。国民の知る権利の保障の観点から「現時点では正確な報道のため、報道機関には判決全文を提供することを検討すべきでは」と提言する。

 一方、性被害に詳しい伊藤和子弁護士は「被害者の中には判決を公にしてほしいと望む人もいる」と話す。「…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  4. 「たけちんの続編、見たかった」 京アニ放火殺人半年 「らき☆すた」監督の友人悼む

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです