メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

広がる刑事裁判議論(その2止) 判決文公開基準、不明確 「事なかれ主義の表れ」/「国民が監視すべきだ」

強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われた被告に判決が言い渡された山形地裁の法廷=山形市で2018年4月25日午後1時20分(代表撮影)

 

 性犯罪は被害者の保護が課題になる。最高裁のウェブ公開基準でも性犯罪の判決文は除外されている。

 性被害者の代理人を多く務める上谷さくら弁護士は「被害者にはその後の人生がある。誰もが簡単に判決文にアクセスできるような制度は問題」と話す。国民の知る権利の保障の観点から「現時点では正確な報道のため、報道機関には判決全文を提供することを検討すべきでは」と提言する。

 一方、性被害に詳しい伊藤和子弁護士は「被害者の中には判決を公にしてほしいと望む人もいる」と話す。「…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1352文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです