メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

「下関北九州道路」どうなった? 国の調査が開始、実現可能性高まる=回答・松本惇

下関北九州道路

 なるほドリ 山口県のほうで道路を造ろうとして、「安倍晋三首相らに忖度(そんたく)した」と発言し問題になった副大臣がいたね。あの道路はどうなるの?

 記者 まず、国の道路事業がどう進むのか説明します。周辺の道路の混雑状況や、今ある道路の危険性などを整理して、街づくり計画などの目標を設定。その上で複数のルート案を比較し、住民の意見も聞きながら、概略(がいりゃく)を決めます。ここまでは「計画段階評価」と呼ばれます。その後、都市計画として道路の幅や構造などを決め、環境への影響も評価して、国の事業として実施することがふさわしいかを判断します。これを「新規事業採択時評価」と言います。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです