メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

「下関北九州道路」どうなった? 国の調査が開始、実現可能性高まる=回答・松本惇

下関北九州道路

 なるほドリ 山口県のほうで道路を造ろうとして、「安倍晋三首相らに忖度(そんたく)した」と発言し問題になった副大臣がいたね。あの道路はどうなるの?

 記者 まず、国の道路事業がどう進むのか説明します。周辺の道路の混雑状況や、今ある道路の危険性などを整理して、街づくり計画などの目標を設定。その上で複数のルート案を比較し、住民の意見も聞きながら、概略(がいりゃく)を決めます。ここまでは「計画段階評価」と呼ばれます。その後、都市計画として道路の幅や構造などを決め、環境への影響も評価して、国の事業として実施することがふさわしいかを判断します。これを「新規事業採択時評価」と言います。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです