メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

令和のはじめに どう変わる教育 インタビュー 鈴木寛・前文科相補佐官

=藤井太郎撮影

 2020年。日本の教育は大きな転機を迎える。新たな学習指導要領と大学入学共通テストが実施されるからだ。平成時代に試行錯誤してきた日本の教育は令和になってどう変わり、何を目指すのか。教育行政に詳しい前文部科学相補佐官で東京大・慶応大教授の鈴木寛さん(55)に聞いた。【聞き手・森忠彦】

形式的平等主義から公正な個別最適化へ

--教育分野において「平成」はどんな時代でしたか?

 一言でいうと「どうやって昭和を卒業するか」。その模索が続いた移行期だった。昭和、特に高度経済成長を…

この記事は有料記事です。

残り3759文字(全文3994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです