メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHO

台湾の参加認めず 中国、パキスタンが反対

 【台北・福岡静哉、北京・浦松丈二】世界保健機関(WHO)総会が20日、スイスで始まり、台湾は3年連続でオブザーバー参加が認められなかった。台湾メディアによると、台湾が外交関係を持つ14カ国は台湾の参加を追加議題とするよう要求したが中国やパキスタンなどの反対で議題とならなかった。

 台湾は「WHOから情報が提供されず、感染症の封じ込めに失敗すれば多くの命が犠牲になりかねない」と強く反発している。

 AP通信によると、米国のアザー厚生長官は20日、スイスで記者団に台湾の参加を「支持する」と表明。河…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです