メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

会津若松ICTオフィスの挑戦=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 政府が地方創生に取り組んではや4年。東京への一極集中は収まらず、まち・ひと・しごと創生法での地方版総合戦略は、大きな成果を上げていないと言われてきた。その中で、4月22日に開設した福島県会津若松市のICT(情報通信技術)オフィス「スマートシティAiCT(アイクト)」に注目が集まる。このオフィスには三つの革新的な手法が盛り込まれているからだ。

 一つは、Build(建設)、Transfer(移転)、Operation(運営)の頭文字をとってBTOと呼ばれる手法の活用だ。市は国の交付金を活用し10億円を負担。地元企業も建設設備工事会社の八ツ橋設備や金融機関が参加し特別目的会社(SPC)「AiYUMU(アユム)」を設立。15億円の融資を得て、約25億円でオフィスを建設整備し、20年間の運営も行う。官民連携でリスクをとった事業である。筆者もP…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです