メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都の新たな感染者584人 過去最多更新 新型コロナ
本はともだち

「かがくのとも」創刊50周年 子どもと自然が出合う入り口に

親子2代にわたって読み継がれている作品も多い

 子どもに科学の面白さを伝える月刊絵本「かがくのとも」(福音館書店)は4月、創刊50周年を迎えた。5~6歳の子どもたちに向け、「不思議」に満ちた世界の豊かさを伝えようと創刊された。植物や昆虫、動物といった身近な自然を中心に、丁寧な取材を踏まえた良質な作品を数多く世に送り出している。【大沢瑞季】

 創刊は1969年4月で、これまでに603号を数える。編集部によると、創刊前の日本には「科学絵本」というジャンルはなく、図鑑や教科書の延長のような本が大半だった。そこで、米国で発行されている例を参考に、「知識の押しつけではなく、読んで面白い科学絵本を作ろう」と構想を練ったという。

 入念な取材や観察を踏まえ、何度もスケッチを描き直す。このため、1作品が発刊されるまでに少なくとも3年、長いものでは8年かかる。「科学のほんとうのおもしろさを知らせ、しかも<見る>だけでなく、もっと深くみつめさせ、考えさせなくてはならない」。初代編集長が「発刊のことば」に込めた思いは、現在も引き継がれる。

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  2. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  3. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

  4. GoToトラベルの割引縮小はGW以降で検討 国交相

  5. 沖縄は復帰後も不条理強いる「反憲法下」 照屋寛徳氏の社民党への「遺言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです