メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓外相会談

あす 元徴用工問題 仲裁委設置、直接要求

 河野太郎外相は21日の記者会見で、経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会に出席するため訪問するパリで、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と23日に会談すると明らかにした。元徴用工訴訟を巡り、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会に応じるよう求める。安倍晋三首相と菅義偉官房長官も21日、今月着任した南官杓(ナムグァンピョ)駐日大使と首相官邸でそれぞれ面会し、日本の立場を伝えた。

 外務省は20日、韓国側が請求権協定に基づく政府間協議に応じないうえ、李(イ)洛淵(ナギョン)首相が15日に「韓国政府の対応には限界がある」と発言したことなどを理由に、第三国を交えた仲裁委の設置を韓国側に要請した。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  4. 襲撃で亡くなったホームレスの生活の跡、フィルムに 長良川の橋の下 8月に写真展

  5. 元看護助手再審無罪「不適切な取り調べなし」 滋賀県警本部長が初めて反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです