メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019春/2 次世代に託す「非核」 川野浩一さん(79)

修学旅行生らが行き交う平和公園でマイクを握る川野浩一さん=長崎市松山町の平和公園で2019年5月9日、今野悠貴撮影

 <時代が変わっても documentary report 247>

 今月9日、長崎市の平和祈念像前で被爆者らによる座り込みがあった。長崎に原爆が投下された日に合わせ40年前から毎月続けられる取り組みは444回目。マイクを握った川野浩一さん(79)は、核合意を巡るイランと米国の対立に「危機的状況が生まれた」と警鐘を鳴らし、集まった約100人に「核兵器廃絶を願う心は一つ」と語り掛けた。

 長崎市で5歳で被爆。県平和運動センター被爆者連絡協議会議長などとして長年、核廃絶の運動に携わってき…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1130文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです