メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019春/2 次世代に託す「非核」 川野浩一さん(79)

修学旅行生らが行き交う平和公園でマイクを握る川野浩一さん=長崎市松山町の平和公園で2019年5月9日、今野悠貴撮影

 <時代が変わっても documentary report 247>

 今月9日、長崎市の平和祈念像前で被爆者らによる座り込みがあった。長崎に原爆が投下された日に合わせ40年前から毎月続けられる取り組みは444回目。マイクを握った川野浩一さん(79)は、核合意を巡るイランと米国の対立に「危機的状況が生まれた」と警鐘を鳴らし、集まった約100人に「核兵器廃絶を願う心は一つ」と語り掛けた。

 長崎市で5歳で被爆。県平和運動センター被爆者連絡協議会議長などとして長年、核廃絶の運動に携わってき…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです