メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アナウサギ

外来種、根絶 30年間の駆除活動実る 石川・七ツ島大島

七ツ島大島で根絶されたアナウサギ=環境省提供

 石川県輪島市沖の日本海に浮かぶ無人島「七ツ島大島」(国指定鳥獣保護区)で野生化した外来種のアナウサギについて、環境省は21日、根絶に成功したと発表した。オオミズナギドリなど島に生息する希少な野鳥の繁殖を妨げており、約30年前から駆除に取り組んでいた。アナウサギの根絶に成功したのは国内初という。

 アナウサギはイベリア半島(スペインなど)原産で、毛皮や肉を取る目的のほか、ペットとしても飼われている。爆発的に増えて植物を食べ尽くすなど移入先で生態系に悪影響を及ぼすため、国際自然保護連合の「世界の侵略的外来種ワース…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです