メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国情報共有会議

ボランティアの調整会議常設へ

 内閣府と全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)は、ボランティアと行政の活動を全国レベルで調整する「全国情報共有会議」を常設化することを決めた。

 昨年7月の西日本豪雨で初めて開催し、被災地支援に効果があったと判断した。今年6月に初会合を開き、災害時の物資供給や被災地のがれき撤去など官…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです