メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

伊達公子さん=テニス引退後、途上国支援に取り組む

タイの高齢者向けリハビリ施設で女性職員と写真撮影する伊達公子さん(中央)=バンコク近郊で2019年3月13日、工藤哲撮影

伊達公子(だて・きみこ)さん(48)

 テニスの女子シングルス元世界ランキング4位のレジェンドは、2017年に2度目の引退をした後、国際協力機構(JICA)のオフィシャルサポーターとして活動している。3月にはバンコク近郊にある高齢者施設や、人身取引被害者の保護センターなどを視察。日本政府主催の国際女性会議「WAW!」で現地事情を報告した。子供や女性の生の声を聞き「実態がなかなかつかみづらい根深さを知った」と語る。

 途上国やアジアに目が向いたきっかけは、最初の引退から5年後の01年の中国訪問。プロ選手が少なかった…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文670文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです