メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海洋プラごみ

東大と日本財団が対策 人体への影響調査

 <くらしナビ・環境>

 プラスチックごみによる海洋汚染対策強化に向け、東京大と日本財団は14日、汚染実態や人体への影響などを調査する共同プロジェクトを今年度から始めると発表した。財団が3億5400万円を拠出し、2021年度にプラごみ削減策など提言を公表する。

 プラごみによる汚染は世界的な問題で、6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議でも議題になる予定。しかし、地上で廃棄されたプラスチックが拡散する経路や生き物への影響の詳細などは未解明で、効果的な対策を検討するための情報が不足している。

 東大によると、培養したヒトの細胞を使って、微細なマイクロプラスチックが細胞内に取り込まれるメカニズ…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文663文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです